スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WS】赤緑メルブラ レシピ

ほんとは規制発表されるまで、ブログ更新するつもりなかったんですが、思いのほか規制発表が遅く、とりあえずなんか更新しとこうと思ったので、規制の入るおそれがないメルブラのレシピを載せようかなと思い、1時間で書きました()

最近のお気に入りのデッキです。イクサとメルブラはとても大好きなタイトルで、ちょくちょく調整しています。

それでは「赤緑メルブラ」のレシピです。

0帯16

テキストや採用理由等

混血秋葉

相殺&サルベ役。混血ループで非<>を盛り種に変換

シオン・エルトナム・アトラシア

35アンコ。絆先等を落としながら盤面維持。

リーズパイフェの友人シオン

絆元。ハンド肥やしながら脳筋盤面作成へ

暴君アルクェイド

後列兼立ち集中。打点調整&<>のため終盤での詰めに有効。

新米薄幸吸血鬼さつき

盤面強化&<>。1での後列は、コレと友人シオンか友人シオン2で友人リーズの面を強固にしたい。

 

1帯14

 

ワラキアの夜

1パンチャー数と<>の兼ね合い。最近、1のラインが50+10だけで踏める相手もいて、その際にマナ肥しを狙える点は魅力。

路地裏同盟シオン

シナジーで強引に上から踏むシオンネーム。このデッキのコンセプトに非常にマッチしている1帯パンチャー。

シオンの友人リーズバイフェ

絆先。前列にシオンネームがいるなら70。絆元が10パンプもしてくれるため、1帯で90値とかも出やすい。自身もシオンネームもち。相殺ない相手には2面ならべて面をきちんととって打点有利に進める。ドラがついてる。

ネコアルク・カオス

0マナ助太刀。マナ数の関係上でコレを2にしてるが、色の兼ね合いもあるので1枚赤助太刀にするはアリ。きちんとはじけるところは弾いて相手のダイレ枠作る

ドクターアンバー琥珀

1マナ助太刀。色の兼ね合いの点が主。1から盤面固めるので1帯助太刀多め

浅上女学院の生徒秋葉

盛り。<血>や混血ループ等組み合わせて詰める。

 

2帯8

 

分割思考シオン

ガン積み。多いと思うかもしれないが、やはり1マナで95打点2を作れるのは大きな魅力。多く積むことでタタリが刈られたのちのリカバーもききやすい他、ゲイン量の底上げにもなる。真祖いれるより、こちらを増やしたほうが、形としては断然きれいだった。1相殺ある相手には友人が簡単に処理されるため、2帯で分割2面チェンジを意識して動かす

タタリの後継吸血鬼シオン

分割のチェンジ先その1。血もちのため盛りの種にも用いる。

八極拳士都古

30助太刀。弾く幅の拡張や経験の都合等。

 

3帯4

 

霊子ハッカーシオン

チェンジ先2。ゲイン

 

cx8

 

赤主・檻髪

扉。シナジーなし。

パレル・レプリカ

路地裏のシナジー。宝。




赤11(内CX4)緑33(内CX4)黄2青4
ドラ1:19
<血>14 <武器>24

◆デッキタイプ
ビートダウン。
相手のボードに干渉し高盤面を作成することで、きちんと返しのラインを残しつつ相手のダイレ枠も誘っていくことで、打点有利に進めながら相手のソースを削り、相手に圧縮の楽もさせずに打点をより通しやすくする状態を作る。

◆軽い動かし方等
・マリガン:フルネシオンがあるならcxや3帯シオン等を残しても0のパンチ数は問題になりにくい。いないなら0以外マリガンが基本。

・0帯:0帯が終わるまでに最低2マナ、できれば3マナはきちんと作るよう意識。先行時は、パンチャーを握っているならあまりドローゴーはしない(フルネシオンの関係でパンチャー多面展開がしにくい以上、0でのマナ数に影響しやすく相手のダイレ枠を利用できる機会が減りやすくなる。)無難に置き相殺スタートかフルネシオンスタートしたい。フルネシオンでのアンコでは、絆先を落としたりタタリを落としたりしていく。経験は、3か2を達成させる。

・1帯:1相殺がないタイトルであれば、絆元等を駆使し友人リーズを展開して面を固め、宝シナジーで相手の面にどんどん負荷をかけていく。1相殺があるタイトルだとしても、きちんと友人リーズを並べて相殺をとってもらいダイレ枠をもらうことが重要となるが、こちらの場合はより2帯での分割が重要となるのでそちらの保持を忘れない。助太刀で弾けるところは極力弾いて相手のダイレ枠をもらう。2帯できちんと分割を並べていくのであれば、弱い面ができるがダイレ枠を利用して後列の絆元等を前に出してダイレ枠でパンチさせていき、後列の浅上やさっちん、集中アルクのスペースをつくっていく。2帯にあがるときには経験3を達成すること。

・2帯:分割チェンジを行っていくが、友人だけで面がもっているのであれば、無理に行わず終盤のゲイン用にとっておくことも視野。基本は分割でタタリを軽いマナで出していき打点と面で優位にたつことが重要だが、cxの戻り枚数の都合上やハンドの宝の処理等でゲインへチェンジするのも択。タタリのように、早だしメタがきかないで面と打点をズラズラそろえられるのは強み。ゲイン量がめちゃ多いデッキではないので、クロックスキップを早い段階から意識。

・3帯:ゲインをチェンジや混血等で使いまわしながらある程度耐久した後、タイミングを計って盛りで詰め。1-2帯の面は固いデッキだが、3帯での面は柔いので注意。盛りは、混血で非<血>を<血>に変換することで盛りがしやすい。
混血ループ
{混血A登場Bを回収、B登場Cを回収、AとBレストで1盛り}{CでAを上書きしながら登場Aを回収、回収したAでBを上書きしながら登場Bを回収、CとAレストで1盛り}{Bで…}このような感じで、マナ1を支払うことでハンドの非<血>を混血(<血>)に変換し続けられるというもの。舞台に残っていた各種<血>もあわせれば3-4確ぐらいはできる。

◆コツ等
とにかく面と打点を重視したデッキ。面をとることでハンドももちやすく、打点も伸び、相手の圧縮も低くなりやすく、より打点が通りやすい。宝CXもあり、ドラ数も多いため、非常に打点が伸びやすいデッキ。ただし盤面をきちんととることでの打点量のため、面の作り方を間違えるとアウト。大量ゲインができるわけではないし、詰めも打点の回数が増えるものではないので、一度計算を間違えたあとのリカバーはききにくい部類。

◆赤緑カラーにした理由

正確には黄色を抜いた理由だけど、真祖の経験4が達成しにくい上、真祖自身をlv置き場におかねばならない状態が増え、1帯でのカラーの作成ともあわないし、真祖おけないときの色事故もひどかった。そんなことして枠を費やすならば、分割ガン積みしたほうがきれいな上に1相殺タイトルへの対抗力もついた。

武器主軸にした理由は、1帯での盤面形成の点。白レンを用いる形の場合、絆がないため気軽につってくることができる多面はしにくい上、ドラものっていない。相殺後のリカバーも絆のあるなしでは大きくことなり、また黄色を1帯の軸にした際のパンチャーである魔眼シキも2001が使いにくい環境でありアンコ封じもさして刺さらない。そう考えると、武器で固めるほうが、友人セット等を用いるほうが、メルブラの強みを生かせると感じた。


というわけで現在使っているメルブラのレシピでした。
早急に書いたため、伝わりにくい箇所や、一部薄い内容となっていたら、申し訳ありません。
質問等ありましたら、お気軽に。

規制発表されたあとは、再調整したあと、赤黄緑まどまぎやミクやラブライブのレシピ等更新する予定ではあります。



(8月6日更新部分)集中アルクとさっちんの色を逆にしていた間違いを治しました。間違いを教えてくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

外来種

Author:外来種
TCGプレイヤー&ポケモントレーナー。
面白くて強いデッキが好き。

【WS】基本的にはWSの話題が多め。自分にとって強いと思うものを形にするのが好きなので,テンプレから変な構築まで色々なデッキを作って試してます。 

最高戦績:
WGP2014全国3位

その他戦績:
BCF2014東京ネオスベスト8
WGP2014札幌ネオス優勝

【DM】サブでやってるTCG。元々はメインでやってました。最近では墓地退化でフリーするぐらいな感じで遊んでいます。

【ポケモン】シングルレート。スカサナと一緒に潜ってました。7世代ではテテフと一緒に遊ぶ予定。

6世代最高レート
2061
7世代最高レート
2013

ダブルも息抜き程度に遊ぶようになりました。
最高1804

ポケモン用ツイッター
@kikaseibutsu55


 → 詳しいプロフィールはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。